ブラームス:交響曲第4番名盤試聴記

第 番 4 交響曲 ブラームス

✇ 終止は、サブドミナント(IV)からトニカ(I)に移行するプラガル終止 アーメン終止・変格終止 を採用している。 ゆっくりとしたテンポで作品の美しさも伝わって来ますし、トゥッティの大きなスケール感も見事でした。 交響曲第二番の回想も歯切れの良い演奏でとても気持ちの良いものでした。

小節の頭を少し押すような揺れのある第二主題。

ブラームス交響曲第4番 カルロス・クライバー/ウィーンフィル(1980年)

第 番 4 交響曲 ブラームス

👣 続く木管はとても豊かな表現でした。

12
第4変奏。

ブラームス 交響曲第4番 Op.98 | おすすめ!名盤レビュー

第 番 4 交響曲 ブラームス

👣 余分な厚みが無くすっきりとした響きです。 自然に囲まれた避暑地で作曲された 交響曲第4番はミュルツシュラークという自然に囲まれた避暑地で2年間かけて作曲されました。 二楽章、朗々と演奏されるホルンの動機。

15
98について解説します。 金管も強いです。

交響曲第4番 カルロス・クライバー&ウィーン・フィル : ブラームス(1833

第 番 4 交響曲 ブラームス

😝 第二主題の再現も重厚で暖かみのある響きで音楽に引き込まれます。

16
感情を吐露するようなことは無く、オケが爆発することも、弱音の極め付けの美しさも無く、小さくまとまった演奏にはあまり好感が持てませんでした。 引き締まったホルンが戻ってきて終わります。

第3位:ブラームス/交響曲第4番ホ短調

第 番 4 交響曲 ブラームス

🔥 特にこの曲では終楽章の8つの音からなる主題の打ち込みが強烈なのが印象的。 シャコンヌ主題の再現はとても柔らかい響きです。

13
こんなに美しいブラームスは初めてかも知れません。

ブラームス 交響曲第4番 Op.98 | おすすめ!名盤レビュー

第 番 4 交響曲 ブラームス

😩 分厚く流れる第二主題の再現。

7
例えばレスピーギの「リュートのための組曲」、ファリャやプーランクによるチェンバロ協奏曲が分かりやすい例です。 ホルンは柔らかく美しい音で豊かに歌いました。