ぷりっぷりの牡蠣を使った人気レシピ20選:主食からおつまみまで

レシピ 牡蠣 料理

☎ 牡蠣をたくさん頂いたときに作りました、日持ちがしますし、おつまみに最適です。 冷めた鍋底の残り汁には牡蠣エキスと塩分がたっぷり。 器に流し入れ、蒸し器で蒸します。

台湾風のトマトケチャップやレモン汁を使ったソースが食欲をそそる。 軍手さえあれば殻も簡単に剥けます。

牡蠣を使った人気レシピ【調理法:蒸す編】おすすめ10選

レシピ 牡蠣 料理

🚒 当然新鮮なものほど味がよいので、なるべく早く食べるようにしましょう。 必須アミノ酸は体の中では作れないため、食材から摂取するしかありません。 殻つきのかきは美味ですが調理がなかなか面倒。

19
「真牡蠣」の旬は冬に旬を迎え生食用・加熱用と様々な料理に使われることに対し、「岩牡蠣」は春〜夏に旬を迎え、生食用が一般的です。

冬に美味しい! 牡蠣のレシピ特集

レシピ 牡蠣 料理

🖖 いつもの牡蠣料理がワンランクアップすること間違いなしなので、ぜひ活用してくださいね。 有名ですが、牡蠣は大根おろしで揉み洗いしたり、片栗粉まぶして揉んで水ですすぐと細かく付いてる汚れが落ちるとか。 アルミホイルにカットしたきのこを敷き詰めてニンニクスライスを散らし、塩・こしょうをふります。

9
後は、焼くもよし、グラタンもよし。 冷蔵庫によくあるスライスチーズでコクを追加。

冬に美味しい! 牡蠣のレシピ特集

レシピ 牡蠣 料理

🐲 途中でカットしたほうれん草を加え、ほうれん草に火が通ったら醤油を入れ味付けをしたら完成。 スパゲティのボンゴレは普通アサリで作りますが、これを牡蠣にするともっとおいしいです。

16
家庭でも様々なアレンジが可能。 。

冬に美味しい! 牡蠣のレシピ特集

レシピ 牡蠣 料理

⌚ 牡蠣はあらかじめ洗って、水を切っておいてください。 また、肝臓の機能を助ける働きがありますのでお酒を飲んだ後に食べると良いです。 牡蠣はシンプルに焼いて食べるのもよいですし、パスタや炒め物など様々な料理に使うことができる食材です。

フライパンひとつで作れる簡単なご飯や、おつまみにもなるおかずなど、いつもの料理をワンランク上のメニューにできる献立が盛りだくさんです。

牡蠣を使った人気レシピ【料理の種類:お弁当】おすすめ10選

レシピ 牡蠣 料理

☮ 冷凍保存をすることもできます。 牡蠣はさっと火を通し後から加えるのがコツ。

14
中でもミネラルの一種である亜鉛が豊富で味覚障害の予防の働きがあります。 ミネラル成分やタウリンが豊富に含まれているので栄養食にもなっています。