TVアニメ『デカダンス』 感想と最終話の考察 ー現実的な結末ー|uU@oNtology|note

感想 デカダンス

📞 各地に散らばったパーツでカブダンスのキャノンはドリル状に強化されたまでは良かったけれど……オメガとの戦闘では倒すまでには至らない。

6
『 人類ピンチからスタート系作品』とでも言うんでしょうか。 独特の世界観で謎が多い話。

デカダンス感想・考察・解説記事まとめ【アニメ】

感想 デカダンス

📱 「生きている」とは「生きてる実感」とは。 これがどのように意図されているのか、とちょっと考えてみたのですが。 ラストは、王道とも言える終わり方だった。

11
が、タンカー 人間 は、一度死んだら終わり。

『デカダンス』12話(最終回)感想 全体を通しての感想

感想 デカダンス

☯ ガドルの襲撃は、ゲームのイベント。

4
まぁ、できないですよねw そんなことしたら かっこ悪いことこの上ないw なので、システムとしては『 今後の世界の行く末についても見守っていくしかない』っていう感じで。 。

デカダンス最終回(第12話)の感想・評価は?あらすじネタバレも!

感想 デカダンス

🙃 ギリギリのところで踏ん張っていたのだ・・・ カブラギは、大粒の涙とともに不安を口にするナツメを見て、システムが管理しているこの世界はおかしい、全てぶっ壊すと誓う。 カブラギもきっと、そんなナツメの「ありがとう」を満足な気持ちで受け取ったことと思います。 なんとか巨大ガドルの退治に成功します。

14
は行 162• カブラギは、作戦に ナツメが参加するのを知り、システムの指示を無視して作戦に参加。

【アニメデカダンス】デカダンス最終回ネタバレ解説&感想!ムニンの正体が判明!エンディング背景のシルエットが結末の伏線だった!|Anitage+

感想 デカダンス

💔 な行 43• 山が動くとは正にこのこと。 バグもシステムの一部 ムニンが「バグもそれを消去することも、カブラギの反抗ですらもシステムの一部」という発言があった。

最初こそパニックに陥るナツメだったが、すぐにカブラギの教えを思い出し……。 ん~……どうなるんでしょうねぇ……。

『デカダンス』2話感想 意外すぎる展開!世界観が一変するカタルシス

感想 デカダンス

❤️ 文字通りデカダンスは人類最後の希望である、という状況でありながら。

2番の『 あいにく諦め方も知らなくて 足掻き続けてる』の部分や。 スタッフ アニメーション制作:NUT 原作:DECA-DENCE PROJECT 監督:立川 譲 構成・脚本:瀬古浩司 キャラクターデザイン・総作画監督:栗田新一 キャラクターコンセプトデザイン:pomodorosa サイボーグデザイン:押山清高(スタジオドリアン) デカダンスデザイン:シュウ浩嵩 ガドルデザイン:松浦 聖 サブキャラクターデザイン:谷口宏美 緒方歩惟 プロップデザイン:月田文律 秋篠Denforword日和 Aki Production ビジュアルコンセプト:村上 泉、増田哲弥 色彩設計:中村千穂 音楽:得田真裕 「デカダンス」の全話感想レビュー 1話のネタバレ感想レビュー 遥か未来、未知の生物《ガドル》の侵攻によって絶滅寸前へと追いやられた人類は、移動要塞《デカダンス》内部で暮らしつつ、必死の抵抗を続けていた。

『デカダンス』12話(最終回)感想 全体を通しての感想

感想 デカダンス

🍀 ナツメって悲しい別ればかり繰り返してるように思えるなぁ……父親しかり、パイプしかり、そして今回のカブラギしかり……。 きっとこれは、作品世界でデカダンスの目玉として宣伝されている事柄でもある。 作品内でも、サイボーグは人間を「絶滅危惧種」「見世物」「下等生物」扱い。

1
システムは人類を存続させる気はないのでしょうか? では、システムは何のために稼働しているのでしょうか? システムを守るため? サイボーグを守るため? 地球を守るため? どれも、しっくりしません。

「デカダンス」12話(最終回)感想!最高すぎる3年後の大団円

感想 デカダンス

🤝 新生デカダンス下であってもおそらく生きているという実感を得ることは難しいのではないだろうか。 その他 4• そのくせ、ガドルからは守られるものだと信じている。

17
タンカーは、ギアが戦いに集中できるよう様々なサポートをするのが仕事。