「育児」よりも「仕事への不満」日本人女性が会社を辞める理由

松井 キャシー

🤘 ハワイ自然保護協会理事会 、米日カウンシル議会 、経済同友会 、の乳癌基金 などのメンバーでもある。 7割の就業率のうち、かなりの割合が非正規の雇用者です。

9
2s;-moz-transition:border-bottom-color. 2020年9月13日閲覧。 「女性が働きやすい」と言いたいのだろうと思いますが、女性に優しくし過ぎるのは良くありません。

ゴールドマン・サックスが女性役員のいない企業の上場支援をしないワケ

松井 キャシー

☏ アジア女子大学の理事会メンバーも務める。 2015 年から現職。 そして最後はソーシャル(社会)の側面です。

不可欠な「無意識バイアス」の是正 その意味では、無意識バイアスの是正も欠かせません。 1男1女の母。

キャシー・松井|プロフィール|HMV&BOOKS online

松井 キャシー

⚔ 女性の社会進出の増加が出生率の低下を招くと言われているが、沖縄県は最も出生率が高いが女性の社会進出の割合も最も多いとしている。 企業の制度面までは政府は介入が難しいので、民間企業や公的部門が主導していくべきかもしれません。 nui-icon--icon-paperviewer-tool-sub,. 10年前、20年前なら考えられなかったことです。

それを、なるべく子供のうちからトレーニングするのが望ましいと思います。 でも頑張った分の対価はちゃんともらえた。

あのGSが「役員のプロフィール写真」をすべて撮り直したワケ 「GAFAに負けるわけにはいかない」

松井 キャシー

❤ 1986年にで2年間勉強するためのロータリー奨学金を得て初めて来日。

10
1990年、バークレーズ証券会社に入社し、チーフ・ストラテジストなどを歴任。

ゴールドマン・サックスの女性チーフ日本株ストラテジストが「女性社員育成のコツ」を伝授!

松井 キャシー

😩 2001年、松井は乳がんであると診断された。 そしてもちろん、女性の部下の育成に悩んでいる人にも、参考にしてほしいと思います。

今年のテーマは「Balance for Better」。 きっと親に似たからですね。

キャシー松井

松井 キャシー

☢ それでも、どうにか時間を捻出して活動に携わろうと決めた。

15
Global Gender Gap Report 2020()では、日本は153か国中121位と過去最低を記録した。

シェアダイン共同代表・井出×ゴールドマン・サックス証券・副会長キャシー松井氏が「女性社員の育て方」をテーマに対談【2021年1月19日(火)開催】 (2020年12月1日)

松井 キャシー

👍 もちろん、子育てインフラの問題や、家庭内での役割分担、ステレオタイプなどの問題はまだまだ大きいですが、企業が女性にやりがいを持って働いてもらえるようにならないと、女性のリーダーは増えません。 例えば、女性のキャリアを設計し、幹部層につなげていく仕組みが整備されている企業は少ない印象です。

7
今後は女性リーダーの輩出、男女賃金格差、硬直的な労働契約、女性の就業継続を妨げる税制の歪み、家事・保育・介護人材の不足、無意識バイアスなどへの挑戦が必要だ。

【インタビュー】キャシー・松井(ゴールドマン・サックス証券マネージング・ディレクター/チーフ日本株ストラテジスト) 女性のための大学をアジアの途上国に作りたい:田中朝美

松井 キャシー

💕 多忙な仕事柄、その類のメールすべてに応えていては身が持たない。 松井氏は「ウーマノミクス」を1999年に提唱、以来20年近く、リサーチアナリストとして日本経済と女性の社会進出の動向を見続けてきた。 米国帰国後ジョンズ・ホプキンズ大学大学院ではを学んだ。

「どうしたら優秀な人材を流出させず、活躍させることができるのか」と人知れず悩んでいる、管理職や人事担当者、そして、キャリアアップを目指す女性に是非読んでいただきたい一冊です。 しかし、アメリカの非営利シンクタンク、センター・フォー・ワーク・ライフ・ポリシー(CWCP)が行った、日本人女性とアメリカ人女性を対象にした調査によると、仕事を辞めたアメリカ人女性の74%が育児を理由に挙げていたのに対して、日本人女性の場合は育児を理由に挙げたのは32%と半分以下。

ゴールドマン・サックスが女性役員のいない企業の上場支援をしないワケ

松井 キャシー

☎ 世界的なIT企業のグーグルやアマゾンと優秀な人材をめぐって争わなければならない私たちにとっては、ドレスコードで負けるわけにはいきません。

5s linear infinite;-moz-animation:spin 1. そしてその違いはたまたま運がいい、悪いというだけだったので。 また、先ほども述べた通り、女性の場合はいくら優秀であっても、自分の業績や能力をPRするのが苦手な人が多い。