魔の三角地帯「バミューダトライアングル」の謎と真実に迫る!

トライアングル バミューダ

👋 David Group『The Evidence for The Bermuda Triangle』 The Aquarian Press, 1984• アメリカニューヨークからイタリアに向けて航海していたのですが、出発から約1か月後、誰も乗っていないメアリー・セレスト号をポルトガル沖で別の船が発見しました。

12
創作チームがバルバドスの航路をたどったが、痕跡を見つけることはできなかった。 しかし、その途中、突然のスコールに見舞われる。

バミューダ・トライアングル (冨田勲のアルバム)

トライアングル バミューダ

🐝 Gould『The Stargazer Talks』 Geoffrey Bles, 1943• 第二次世界大戦終戦の年である1945年12月5日の午後、フライト19と呼ばれる5機の戦闘機チームが訓練のためフロリダの海軍基地から飛び立ちました。 「新都市伝説~超常現象を解明せよ!~ バミューダ・トライアングル」 ナショナル・ジオグラフィック・チャンネル• メタンガス発生説 海底にメタンハイドレート(メタンの氷)が存在し、そこからメタンガスが発生することによって船や飛行機に影響を及ぼしたという説です。 第一次世界大戦の最中であったために敵対しているドイツ海軍に撃沈されたか、不意な嵐と遭遇して沈没したものと考えられているのです。

6
沈没はかなりの短時間で発生するため船は救難信号を送ることができず、浮力が失われることで船の残骸や乗組員たちの死体が浮上することもありません。 これらは政府系企業の本社ビルであり、公費の合法的な無駄使いが多いことで有名であった。

バミューダよりも恐ろしい魔の三角地帯 アラスカトライアングル 1万6千人が消えた謎とは 【都市伝説】

トライアングル バミューダ

☺ た、助けてくれ!白い水に突入した!」 大尉「何てことだ……。

1
バミューダ・トライアングルの謎は、悪天候や機械トラブル、人為的なミスなどの原因に、作家の創作や隠蔽が加わり、大きく成長していったと言えるかもしれない。

バミューダトライアングル

トライアングル バミューダ

🙄 しかし、数分後に再度管制塔から連絡が通信が入り、男性の飛行機が突然レーダーに現れたことを伝えられました。 『超常現象大事典 永久保存版』、2001年、212頁。 ところが、こういった【伝説】は広く知られていても、その真相はほとんど知られていない。

5
なんとカルテを確認したところ、60年以上前に癌で亡くなったはずの人物だったというから驚くしかない。 「バミューダトライアングルで起きた不思議な事件」は、 人々の好奇心をくすぐる話題性のある物語だったのです。

バミューダトライアングルとは?特徴や事故例、原因など解説

トライアングル バミューダ

🐲 100年以上前から100を超える船や飛行機、1000以上の人が消息不明となっているとされる [ ]。 4人は母の日をプエルトリコで過ごすためにフロリダから出発。 温かさが残る食べかけの食事が残されていた• そうした中、事故機は異常な上昇と機体トラブルによる低酸素状態を引き起こし、乗員たちは意識を喪失。

5
また、飛行機のパイロットが目撃する雲のような白い何かの発生も説明することができます。 バミューダトライアングルの海底にはメタンハイドレートが多く存在することがわかっており、これらが数多くの失踪事件の原因になっているとする説です。

バミューダトライアングル

トライアングル バミューダ

👇 地上・海上の大規模な捜索にもかかわらず、この日に消えた航空機も人員も見つかることはなかった。 しかし彼らはそのまま 行方不明となったのです。 再び乗り込んでみると、なんと 前に乗り込んでいた船員たちは全員姿を消していた! この異常事態を受け、当然、船員たちは再び遺棄船に乗り込むことに尻込みしたものの、船長が説得し、もう一度、新たに船員を乗り込ませて目的地まで向かうことになった。

4
それにしても周囲の様子がおかしい。

魔の三角地帯「バミューダトライアングル」の謎と真実に迫る!

トライアングル バミューダ

♥ しかし、その途中、突然のスコールに見舞われる。 そこで今回は映画やテレビ、そして小説などにも度々登場している、このバミューダトライアングルとはいったい何なのか、そしてどんな伝説が語り継がれているのかを、ざっくり解説していきたい。

エレン・オースティン号の船長は、この船を天からの授かり物と考え、船員を乗り込ませて一緒に目的地まで向かうことにした。 彼らは一体どこへ消えてしまったのだろうか? さらに1881年にも奇妙な事件は起きている。

バミューダよりも恐ろしい魔の三角地帯 アラスカトライアングル 1万6千人が消えた謎とは 【都市伝説】

トライアングル バミューダ

🤫 この謎解きに挑んだのは、元アリゾナ州立大学の司書で飛行教官のライセンスを持つ ローレンス・D・クシュと、アメリカ陸軍の元大尉 マイケル・デネット。

13
(参考記事: ). 管制官が指示した西の方角とはその時間の太陽の方角だったからです。 たとえば作家のヴィンセント・ガディスがこの話をグールドの本から引用した際には、 全文で188語に増え、元の本には書かれていない小話が創作されている。