クリトリスで寸止め調教実験 1

クリトリス 官能 小説

😛 クリトリスを二人が奪い合うように愛撫した。

3
これじゃあ、立派な痴女ねぇ・・・。 ・・・ん、・・・・」 私はちょっぴりいい笑顔になりつつ、停止機能、停止機能・・・と頭の中で繰り返す。

エロ小説|えっちぃクリ責め|クリトリス責め|官能小説

クリトリス 官能 小説

😚 「もっともっともっともっとぉぉっ!! あぁぁ~~~んっ!! 気持ちいいっ! クリトリス気持ちいぃぃぃっ!!」 さっきまでの不服はどこかに飛んでいく。 敏感な陰核が、外気に触れてスースーするのを感じる。 「あ、待って、待って、い、い、イっちゃう。

8
痴漢師のゴツゴツした指が、中に入ってきた。 もう一度、目を開けて、こっちをごらん。

クリトリス:官能小説エロルーム

クリトリス 官能 小説

⚛ とろとろぉぉ~~~・・・。

3
— な、なんだろうか・・・、この女性用って感じがする触手は・・・。 その中にはもちろん、あの銀縁眼鏡の男も含まれている。

陰核治療 0 官能リレー小説(SM)

クリトリス 官能 小説

😊 俺はその時初めてしぇー子のそれを見たのだった。

8
そのどれもが奈津美を苛み、クリトリスを膨らませるための淫らな仕掛けの施されたものだったのは、言うまでもないが。 何でもかんでも思い通りになる女は便利ではあるけれど、どこか物足りないものがある。

少女を後ろ手縛りにしてクリトリスを嬲り責め

クリトリス 官能 小説

😝 「あっ、あっ・・・茜さんっ! おまた、おまたが気持ちいいぃ~~いぃ~~・・・っ!!」 「ん・・・んん・・・・っ」 お布団で開脚したまま座っている私は、下半身だけ裸の状態で・・・茜さんにクリトリスを、ペロペロと舐められていた。 年頃の娘がはしたない。 「あっ・・・あ~っ・・・、っ、はぁ~ん・・・」 停止機能について探さなきゃいけないのに、クリトリスのしびれる気持ちよさで頭がぼへーっとしてしまい・・・頬を枕に押し当てながら嬉しそうな笑顔で、ゴロゴロしてしまう。

19
しばらくするとしぇー子が「寝ちゃった。 ・・・ここからは寸止め耐久プレイで行きましょう。

【クリトリスを舐め回す小説】クリトリス・クンニリングス【レメの官能小説】

クリトリス 官能 小説

👋 下着を付けることも許されない。 既に興奮してきている私は、その新しい道具に興味がわいてきて・・・、早速試してみることにした。 竜司は美優の後ろ手を解き、ロープで手首を括ると梯子に投げ渡し、スルスルと引っ張り、手を上げた格好に固定した。

4
先輩は、しばらく綾子を微妙な刺激で弄んだ後、一転してクリトリスに攻勢を掛けた。 どれ、もう一度吸引してみるか」 「だめ、だめ、だめ! だめええええええっ! いっ、いやああああああああっ!」 ぬぷっ キャップを三度押すと管に嵌っている伸びたクリトリスが少し吐き出され、すぐに戻したキャップの吸引によって、元の管に呼び戻された。

【官能小説】セミダブル千夜一夜 第八夜 ふくらむクリトリス

クリトリス 官能 小説

😂 完全に翻弄されているようだった。

9
「あぁあっぁ・・・ふぁ、ふあぁあっ・・・」 当然、クリトリスは剥き出しだ・・・。 触手の下から、エッチなお汁をタオルに垂らしつつ、瞳をきらつかせてクリトリスの性感を嬉しく感じ取る。

陰核治療 0 官能リレー小説(SM)

クリトリス 官能 小説

🤣 「これは失礼……あなたのお豆ちゃんが卑猥な顔をしているもので、つい……」 お豆って……いやらしいっ! それにいつまで……あぁっ、また電流がはしっちゃう! 「ハウゥゥゥッ! くぅぅぅぅぅッッ……許してぇっ……うぅぅぅっ……」 指のお腹がクリトリスの頭を撫でて……やだぁっ、摘まれた! 副島はわたしの両足の間に身体を滑り込ませて、座席部分に上半身を密着させている。 」 「そんなこと言わないで。 部屋の真ん中に、脚を固定する台のついたベッドが1つ。

9
「おぉう・・・」 クリトリスに食いついた触手をぐいぐいとひっぱるが、全然離れない。