只見線の全線復旧は2021年度に…環境配慮型のキハE120形も運行へ

線 状況 只見 運行

⚠ 現在、会津川口-只見間の27. 駅名 営業キロ 接続路線 線路 所在地 駅間 累計 - 0. , 2020年5月18日閲覧。 2015年9月29日閲覧。

5
, 2020年5月18日閲覧。

只見線ポータルサイト

線 状況 只見 運行

😜 : 会津若松 - 西若松間および会津坂下 - 会津川口間の運転を再開。 平成23年には新潟福島豪雨により只見線も被害をうけ、会津川口~会津大塩間で只見川第5・6・7橋梁が流失、また会津坂本~会津柳津間で路盤が流出し、会津坂下~小出間が不通となりました。 2015年12月29日閲覧。

18
なおについては、2017年(平成29年)7月に豪雨被害を受けたことから、同年10月から前倒しで一部の撤去工事が行われている。

JR只見線の運行状況

線 状況 只見 運行

😘 サカイ[emoji:e-75]. 豪雨災害前のダイヤでは、1日あたり会津若松駅 - 会津川口駅間は8 - 9本程度、会津川口駅 - 只見駅(冬季は大白川駅)間は3往復、只見駅(冬季は大白川駅) - 小出駅間は5往復(1往復は大白川駅発着・土曜・休日・休校日は運休)であった。 会津坂下・会津宮下 - 只見間が不通となり、バス代行(同年運行再開)。 同年6月7日に福島県鉄道活性化対策協議会はJR東日本に対し鉄路維持の要望を改めて行い、JR側は「これまでの経緯や地元の思いを重く受け止め、上下分離方式の枠組みなどの検討を進めており、正式決定に向け取り組んでいる」と回答している。

7
: 只見 - 小出間の運行を再開する。 841 2010年11月号(なお本文では誤記によりキハ48 546とキハ48 549がそれぞれキハ40 546とキハ40 549となっている)• 臨時列車としては新津運輸区所属車が「只見紅葉号」、「磐西只見ぐるり一周号」で入線したほか、2007年2月10日 - 11日に「只見雪祭り号」として所属の元用車が入線した。

只見線ポータルサイト

線 状況 只見 運行

✊ 運行形態 [ ] 路線図。 - JR東日本 新聞記事等 [ ] 2011年7月25日閲覧。

4
「いなわしろ」、「あがの」、「いわき」と行き先が異なる上、それぞれ連結する相手の号便が異なること、多層階になった後も福島駅で分割・併合するなどしたため、時刻表の表記も各駅の乗車案内も難解をきわめた。 節出典• , 2020年5月18日閲覧。

交通アクセス|只見町公式ホームページ|福島県

線 状況 只見 運行

🙂 また一部の駅には、積雪量を示す目盛り入りの3メートル棒が線路わきなどにある。 (昭和17年) : 只見線として小出 - 大白川 26. 10月1日 : 一ツ橋信号場を廃止。

4
下り「いなわしろ2号」• (平成13年)• 越後広瀬・越後須原・入広瀬・大白川の各駅新設。

只見線ポータルサイト

線 状況 只見 運行

😀 : 只見 - 大白川間が復旧。 , 2020年9月17日閲覧。

車両は一貫して非冷房ので、1985年3月13日(実質1984年11月30日)までは3両編成、1985年3月14日(同1985年4月1日)からは2両編成で運転。

JR只見線

線 状況 只見 運行

😃 1日あたりの列車本数は会津若松駅 - 会津川口駅間が6往復、只見駅 - 小出駅間が3往復となっており、このほかに会津若松駅 - 会津坂下駅間・大白川駅 - 小出駅間の区間列車が1往復ずつ運転されている。 (柿ノ木駅 - 入広瀬駅間) - 1965年7月15日頃廃止。

過去の使用車両 [ ] 1979年(昭和54年)から運用開始。

交通アクセス|只見町公式ホームページ|福島県

線 状況 只見 運行

🙄 福島県側の負担額54億円は県只見線復旧復興基金で積み立てた21億円を差し引いた33億円のほとんどを福島県が捻出して、会津地方17市町村の負担を軽減する方針。

2
特に橋梁流失などが複数個所で発生した会津川口 - 只見間は、当初復旧工事が行われず、該当地域には「このまま廃線になるのではないか」と危機感が強まっていた。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 2017年2月6日閲覧。