頂くと戴くの違いとは?意味や使い分けを解説

戴く 頂く

👊 3件のコメント コメントありがとうございます!• とても丁寧なお手紙を頂き(戴き)感激しました・• 昨日は課長のお宅にお邪魔し、奥様が用意してくださった、おいしい昼食を頂きました。 下記の関連記事は「受領する」を丁寧に、ビジネスで活用できるよう紹介したおすすめの内容になりますので、こちらも参考にしてください。 したがって、 一般的に「いただく」を漢字表記する場合は「頂く」と表すことが多いです。

「戴く」の語源も確認しておくと、 「 戴」という字は「 戴冠(たいかん)」という言葉からきています。 例えば、「王冠を戴く」「仮面を戴く」のように使われます。

頂くと戴くの違い

戴く 頂く

😗 「いただく」を使った例文. 謙譲語は、相手より自分自身が引いて、 へりくだって話すときに使う言葉です。

A ベストアンサー どちらでもいいというのが結論かと思います。 その際に冠は高く掲げられるために「戴冠」という言葉が使われるのです。

「頂く」と「戴く」の違いとは?お金やビジネスでの使い分けも解説

戴く 頂く

☘ そして、この言葉に漢字を当てはめる時に2つの言葉の違いは重要視されず、両方とも同じ意味を持った言葉となりました。 補助動詞とは何かというと、「調べて『みる』」「調べて『くる』」のような、本来の意味が薄れて、付属的に使われるもののことです。 スポンサーリンク いただくの使い方 ここまで、「頂く」と「戴く」 について解説してきました。

7
そのため、物に対してあくまでももらうニュアンスを強調したい場合には「戴く」を使った方がその状況に見合った表現ができるということになります。 「受け取る」と「もらう」という言葉の謙譲ですが、「頂く」以外にも「頂戴する」という言い方もあります。

「いただく」と漢字「頂く」「戴く」の意味の違いと使い分け

戴く 頂く

⚛ 補助動詞とは、動詞の後につけることで、もともとの動詞の意味に付加的な意味を与えることのできる動詞のことです。

19
ですが、「頂く」が「食べる・飲む」の謙譲語と「もらう」の謙譲語なのに対し、「戴く」には 「ありがたく受け取る」という意味もあります。 頭上におしいただく。

「頂く」と「いただく・くださる・戴く」の違い・使い方・類語

戴く 頂く

☘ ・心または腹が充足感を以って(徐々に内部から)満たされた場合は【充分】。 すなわち、何かの食べ物や飲み物、あるいは品物などをもらったとき、自分をへりくだって表現する言葉が「頂く」になります。 【頂くの使い方】• 意味としてはどちらも「もらう」の謙譲語だと捉えられています。

6
補助動詞の「いただく」は文部科学省によってひらがなで表記すると定められているのです。 常用外の漢字ということもありますし、内容を見ても、普段使うには仰々しい意味合いにとられることもありますので、『頂く』を使う人も多いですが、正確にはものを受け取った時などはこちらの漢字を使います。

「頂く」と「戴く」の違い

戴く 頂く

😘 ご参考になれば幸いです。 『戴く(いただく)』• 「戴く」という漢字には食べるというニュアンスはありません。 目に見える物を頂戴する時に、『戴く』を使うのです。

16
」、「〔お+動詞連用形+~等の形で接尾語的に〕目の上の人に自分から願ってそうしてもらうことを表す。

「いただく」「頂く」「戴く」の意味と違いと正しい使い方・分け方

戴く 頂く

😛 そして、「くださる」の意味は「(相手が)与える」ことを言っていて、「くれる」の尊敬語になっています。 例えば、 「ワインを 頂く」「時間を 頂く」などです。 「頂く」と「戴く」/「いただく」の違いと正しい使い分けまとめ 以上、説明が長くなりましたので、再び混乱してしまった方もおられるかも知れません。

11
ドライバーの仕事情報を探す ドライバーへの転職をお考えの方は、好条件求人が多い ドライバー専門の転職サービス『はこジョブ』へ!. ですが、 現在は同じ意味として使われています。

ビジネスメールで頻用する「いただく」は『頂く』?『戴く』?

戴く 頂く

♥ また、「戴」には、高くものを捧げるという意味もあります。

17
そのようなイメージを狙うこともできるかと思います。 そのため、何かを食べることを表現する場合には「頂く」を使います。